サラリーマン必見!会社にバレずに土日だけで稼げる副業18選

サラリーマンの中には副業に興味がある人も多いでしょう。副業をすると収入が増えるうえ、「本当にやりたかった仕事ができる」「視野が広がる」などのメリットも生まれます。しかし、企業によっては社員の副業を全面的に禁止しているため、副業を躊躇しているサラリーマンも珍しくありません。そこで、副業をするなら会社にバレる確率の低い仕事を選ぶようにしましょう。この記事では土日にできて、バレにくい副業向けの仕事18個を紹介していきます。

Webメディアには副業にできる仕事がいっぱい

Webメディアに関する仕事は、サラリーマンでも両立できる特徴があります。たとえば、メディアのために文章を書く「Webライター」は副業として人気です。主な仕事内容は、編集者の指示に従って特定分野の記事を執筆することです。ライティングの構成、テーマなどは編集者から提示してもらえるので、最低限の文章力さえあれば初心者でも始めやすい仕事といえます。Webライターとして実績を重ねていくと「編集」「企画」といった仕事も任せられます。自分で情報をリサーチし、記事の設計図を描く仕事なので難易度は上がりますが、そのぶん報酬も多くなるでしょう。

「文章力には自信がない」という人におすすめなのが「校正」の仕事です。校正は読者の視点から納品された記事を読み、誤字・脱字、分かりにくいポイントを指摘していきます。自分で文章を書くわけではないので、文章力はほとんど問われません。そのかわり、集中力と語彙力が必要です。また、「Webデザイナー」の仕事も副業でこなす人が増えてきました。デザイナーはWebコンテンツの見せ方を工夫する仕事であり、専門的なソフトウェアの知識も求められます。

SNSや動画サイトで有名人になることもできる!

SNSや動画サイトは若者を中心に注目を集めているメディアです。すべてのユーザーがお金を稼げるわけではありませんが、本人のセンスと努力次第では一定の収入を獲得できる副業としての利用方法を見出せます。有名なのは「ユーチューバー」や「ブロガー」といった稼ぎ方でしょう。動画サイトに面白い動画を投稿して再生回数を稼ぐユーチューバーは、大成功するとスポンサーがつくほどの人気を得られます。また、閲覧数の多いブロガーになれば、広告料で立派な副収入を得られるでしょう。

ブログでは「アフィリエイト」という稼ぎ方もあります。アフィリエイトはブログ内で何らかの商品を紹介し、ブログを経ての購入者が現れたら利益の一部を還元してもらえる仕組みです。また、インスタグラムを中心に「インフルエンサー」として活躍する一般人も出てきました。「この人の紹介している商品は間違いない」と世間に浸透すれば、企業から報酬を受け取って宣伝を依頼されるようになります。メディアスターとしての生き方は実現こそ難しいものの、成功したときの反響は大きいでしょう。

クラウドサービスが選ばれるようになった理由とは?

クラウドサービスを利用して副業を行うサラリーマンが増えたのは、「仕事を見つけやすい」「単価の高い仕事が多い」などのメリットがあるほか、「源泉徴収がない」ことが大きいからです。サラリーマンが会社に副業がバレるきっかけとして、本業以外の給与所得が発覚したケースが挙げられます。副業で得た給与所得は高確率で経理に見つかります。そして、追求して調べられれば「どこで何の仕事をしていたか」まで突き止められてしまうでしょう。その点、給与ではなく「換金可能なポイントを貯める」制度で運営されているクラウドサービスは、発覚するリスクの低い働き方です。

クラウドサービスは専門的なスキル、知識がある人にとっては選択肢の広がる場所です。「デザイナー」「インテリアコーディネーター」「カメラマン」「イラストレーター」などの仕事がクラウドサービスでは幅広く募集されています。また、自宅で作業可能な「プログラマー」にも高い需要があります。本業に支障が出ない程度の作業を選び、収入の足しにしましょう。

投資はギャンブルではない!副業にする価値はある

土日、平日に関係なく稼げる手段として、サラリーマンの中には「投資」に手を出す人も少なくありません。一方で、投資のリスクを恐れて避けて通るサラリーマンもいます。しかし、投資は正しい知識と節度さえあれば、大打撃は受けません。収入の中から適度な金額を投資に回す程度であれば、悪くない副収入を得られるでしょう。仮に失敗したとしても、後悔しないほどの金額から始めてみるのがおすすめです。「株式」「FX」などは経済に関心のあるサラリーマンなら、利益を上げられる可能性があります。
​​​​​​​
近年、注目の的になっているのが「仮想通貨」です。市場がまだまだ安定しておらず、ハッキング問題なども発覚したため、リスクがあるのも事実です。しかし、急成長している銘柄も多いため、短期間で大きく稼ぎたい人にはぴったりの市場です。実家などで土地が余っている人は「資産運用」も考えてみましょう。土地を誰かに貸したり、駐車場にしたりすると、会社から文句を言われない副収入を得られます。インターネットの広がりによって副収入の選択肢は増えているので、やる気さえあれば会社にバレない副業は見つかるでしょう。